過去、自然気胸になったことをきっかけにウォーキングを始め、何年かやってると持久力がついた。継続は力なり。

ただ、筋トレに関してはほぼノータッチだったことに数年前気付く。事実、演奏活動主体でやっていた時は、筋肉量不足もあってぎっくり腰と肩コリに悩まされていて、幾度と無くカイロプラクティックに通ってたっけ。複数通ったこともあったけど、共通して言われたのが「ちょっとでもいいから筋トレは続けたほうがいいよ」ということ。そこからチューブなどを使ったりして手軽にできるエクササイズを始めたんだけど、あくまで手軽なものばかりだった。

ただ、ここ2年ほどはトレーニング中の姿勢に気を配りつつ、筋トレの方を重視してやってる。例によって軽く動かすことから始め、今年に入ってから以前よりハードめのメニューを取り入れてる。どのくらいハードかというと、これまでは「身体が温まって気持ちいいねー」程度だったのが「ふおおおおゼハーゼハー」と言うくらいの程度に格上げした感じ。

顕著な変化として、自分がコリを感じる所が正確に分かるようになったし、何で凝るのか、どういう姿勢を続けると凝りやすくなるかも感じやすくなった。やはりというか、筋肉の活性化大事。これからもいい感じのペースで続けていこう。

0

Tetsuya Tanaka と申します。記事を気に入って頂けた方は、上にあるハートボタンを押して頂けると嬉しいです。プロフィール:レコーディングディレクター、作編曲家、トラックメーカーのかたわら、レースシミュレーター・フライトシミュレーターのWeb管理、日英翻訳、ドローン操縦士をやっています。滋賀出身千葉在住。WindowsとStudioOne使い / Spotifyでアルバム配信中です。僕のセレクトしたプレイリストも随時更新中してます。 => Tetsuya Tanaka on Spotify