【2019-10-29初版】
【2019-11-01更新】

オイット・タナクさん、2019年のWRCチャンピオンおめでとうございます!

なんとセバスチャンという名前以外のドライバーがタイトルを獲るのは2003年のペター・ソルベルグ以来なんだって。ひゃー。

というか見ましたか?あのラリー・スペイン最終SSの攻めっぷり。

数ポイント取りに行くんではなく、ここで決める走り。いやーしびれた。

これ、前戦GBでもそうでしたね。ラリーに勝つだけでなく、フルポイント取りに行った。

このここぞという所の強さが2018年から続くタナクさんの強みだよね。このスペインでも巨大なプレッシャーがかかるなか、見事はねのけてくれました。すごいぜ!


M-Sportにいた頃はそうでもなかったんですが、トヨタに来てくれるってことで俄然注目度が上がりました。やっぱ日本のマニュファクチャラーだしね。

そして、その雄姿を生で見たいと、2018年のラリー・フィンランドを観戦に行ったんです。20数年ラリーを、WRCを追いかけてきて初めての生観戦でした。本当に楽しかった。その様子はInstagramにもポストしていました。


競技ステージを見に行った時、最初に見かけてしかも追い抜かれたのがタナクさんのマシンでした。もう、その瞬間から大ファンになったよね。


一緒に写真も撮ってもらいました。SS直前だったのに本当にリラックスしていたのが印象的でした。改めてありがとう。


Meet the crewのコーナー。この時のラリー・フィンランド、タナクさんがこの後優勝したんですよ。すげーな、この人って思いました。

トヨタのベースはフィンランドにあって、昨年は特に多くの関係者がいらっしゃったんですよ。関係者、VIPで100人は軽く超えてました。その中で優勝できるって相当ですよ。

それを間近で見れたのもあって、この人は近い将来チャンピオンになってもおかしくないと感じました。それがいつかはその時は分からなかったけど、まさかこんなに早く獲っちゃうとは!

さっきの2ショットを撮っている際、実はチームの公式にも撮影されていたんですよね。

タナク&タナカコンビ。二人ともいい笑顔です。


2019年のドライバーズの戦いは三つ巴で見ていてとても面白かったなー。あとはマニュファクチャラー。Hyundaiが固めてくるか、Toyotaが逆転するか。こちらは残り1戦の楽しみです。

そして、来季のシートについても、ラリー・スペイン前に大きな噂が流れて現地は騒然としていた模様。本当であっても、ただの噂であっても、こちらも楽しみな話題でもあります。誰がどのチームに行くのか。恐らく最終戦オーストラリアの前にはメインドライバーたちのニュースリリースは出揃っているでしょう。

【2019-11-01追記】
タナクさんのヒュンダイ移籍。ドライバー、チーム両方から正式発表がありました。

日本人としては日本のマニュファクチャラーにいないのは寂しいけど、一方で彼はキャリアの最重要期にいます。これから先も頑張ってほしい!

そして、最終戦も Go,Ott!

Tetsuya Tanaka と申します。記事を気に入って頂けた方は、上にあるハートボタンを押して頂けると嬉しいです。プロフィール:レコーディングディレクター、作編曲家、トラックメーカーのかたわら、レースシミュレーター・フライトシミュレーターのWeb管理、日英翻訳、ドローン操縦士をやっています。滋賀出身横浜在住。WindowsとStudioOne使い / Spotifyでアルバム配信中です。僕のセレクトしたプレイリストも随時更新中してます。 => Tetsuya Tanaka on Spotify