BBCの番組で、あるコメンテーターの方が面白い見解を述べていた。SNSがあったからこそ、トランプ氏は当選できた、と。

特に強かったのがFacebookとTwitterの氏のポストだそうで、それで勝ったようなものだとも述べていた。

これらの劇場型SNS。共通してるのは、人の正常化バイアスがうまく利用できるってこと。自分が潜在的に持っている思想に近いポストにいいねするし、そういうのをよく見るよね。

それに、両SNSともアルゴリズムに自分の興味のあるポストを優先的に表示する機能がある。それをうまく利用したのがトランプ陣営なんじゃないかって。

そういえば、フレンドの人生のビッグイベントのポストには無意識にいいねするよね。先の選挙戦も、そういった人間の心理のある種の穴ともいえる部分にうまく働きかけて、些細なこともビッグイベント的にポストし、結果的にもともとマイノリティな飛び道具だった彼がSNSを通してなぜかどんどん勢力をつけ、見事当選。

あー、なるほどねー。

ちなみに、選挙戦時のトランプ氏の演説を見ていて筆者がすごいと感じたのは、難しい表現を一切使っていないこと。特に、政治に関する専門用語を避けていたこと。これ、FBやTwitterでいいねを多く獲得する投稿に似てるよね。小難しいトピックなんてみんなスルーして、面白動画やネタツイートにいいねするじゃないですか。僕もそうだし。

さて、果たして政治で「分かりやすい」のは良いのか、悪いのか。

0

Tetsuya Tanaka と申します。記事を気に入って頂けた方は、上にあるハートボタンを押して頂けると嬉しいです。プロフィール:レコーディングディレクター、作編曲家、トラックメーカーのかたわら、レースシミュレーター・フライトシミュレーターのWeb管理、日英翻訳、ドローン操縦士をやっています。滋賀出身千葉在住。WindowsとStudioOne使い / Spotifyでアルバム配信中です。僕のセレクトしたプレイリストも随時更新中してます。 => Tetsuya Tanaka on Spotify