2009年頃にTwitterを始めて、少し経ってからある方と知り合うことが出来た。
その方は主にニコニコ動画やYoutubeで無名だけどクオリティの高い、或いはこれからグイグイくるであろうインディーズミュージシャンの動画をよくツイートで紹介されていて、それらを紹介する配信もやってらっしゃった。何がきっかけか忘れたけど、それまで全く違うフィールドにいた自分ともフランクに接してくれたのを覚えてる。音楽の話題以外でもノリが良くて幾度と無くヨタ話して盛り上がったり、それがきっかけで繋いでもらって今日も続いている縁もある。多分あの時にTwitterで絡まなかったら一生絡まなかったであろうみんなと知り合いになれた。最近は少しご無沙汰のSNSだけど、最初の絡みを見るともう5年の付き合いになる。

その方が、亡くなった。

さっちゃんの身内の方がこう報告されていたのをみて、信じられず、未だに心が整理できずにいる。散文になってしまうだろうけど、これは言わせてよ、さっちゃん。
いつも誰に対しても分け隔てなく接してくれてたあなたは、みんなの母だと思います。本当に今までありがとう。そしてお疲れ様。願わくばゆっくりみんなのこと見守っててね。偉くもなんともない僕をいつも「先生」って呼んでくれてたさっちゃん。ネタにはきっちり食いついてくれたさっちゃんw伝説の春のムラムラでは神っぷりを発揮したさっちゃん。RBR配信した時も遊びに来てくれたっけ。僕のアルバムの感想をリアルタイムにツイートしてくれたさっちゃん。書いていけばキリがないけど、やっぱりありがとうって言いたい。

さっちゃんのTwitterアカウントは遺族の方が残してくれるらしい。たぶんちょこちょこ見に行くんだろうな。そうそう、この時こんなこと言ってたね、楽しかったよねーって。あの日のまま残っているというのは寂しくもあるけど同時に嬉しくもある。いつでもそこに行けば会えるんだもん。ちょうど知りあった頃の2010年あたりがTwitterを一番使ってた時期でもあって、ログを見てみるとさっちゃんとのやり取りが一番多いんだ。楽しかったよ。最後に、最近やってないアレでお別れの言葉にします。

レー!

レー!

Tetsuya Tanaka と申します。記事を気に入って頂けた方は、上にあるハートボタンを押して頂けると嬉しいです。プロフィール:レコーディングディレクター、作編曲家、トラックメーカーのかたわら、レースシミュレーター・フライトシミュレーターのWeb管理、日英翻訳、ドローン操縦士をやっています。滋賀出身横浜在住。WindowsとStudioOne使い / Spotifyでアルバム配信中です。僕のセレクトしたプレイリストも随時更新中してます。 => Tetsuya Tanaka on Spotify