Unfinished Song

Written, Composed, Arranged by Tetsuya Tanaka


未完成のままの テープ
アルバムの隣 置いてきた

最後の年 あふれた思い
ひとつずつ 繋いだ時 ふと気付いたよ

手探りで 紡ぎ出す 初めての メロディーは
君なしじゃ 出来なかった

いつまでも 輝く あの記憶
いつまでも 眩しい この追憶
今日もまた 遠のく 日々だけど
今 君が 幸せならば それでいい

憂鬱な日にも 君がいた
それだけで僕は 嬉しかった

暗く長い トンネルでも
ずっときらめく 光が 君だった

別の道 歩いてく 別の恋 重ねてく
声さえ 思い出せずに

いつの日も あの場所に 眠る記憶
いつの日か 色あせる この追憶
聞けないままの あの日の返事 でも
今 君も 幸せならば それでいい

歌に込めて 思い乗せて
君に届け 託した声
笑われても 茶化されても
君を 好きになって よかった

いつの日か 見れなくなる アルバムも
いつからか 見つからない カセットも
君のこと 思う時 強くなれた あの日々も
あの歌もまだ そのままでいい


©2019 Tetsuya Tanaka, Curry ‘n’ Groove Studio

「VOCALOID(ボーカロイド)」および「ボカロ」はヤマハ株式会社の登録商標です。
VOCALOID and VOCALO are trademarks of Yamaha Corporation.