遅ればせながら新年一つめのブログ記事。今年もどうぞよろしくお願いします。
昨年末~3が日は疲れのせいもあってか風邪をひいたり口の中を怪我したりと本調子ではなかったのですが、ようやく元の調子に戻ってきてます。twitterやFacebookを通じて励ましのお言葉をいろんな方にいただき感謝感謝でございます。
新年一発目の記事ということで、昨年を振り返ったり今年をざっと見渡したり。

SNS:Twitterをがっつり活用した昨年

昨年はtwitterの年だったなー。twitterで一気にSNSを通して人との結びつき方が広がった一年でもありました。twitterがなければ出会ってなかった方々にも実際に沢山お会いしました。ジャムをしたり、お茶したり、未来に繋がるプロジェクトのお話を進めたり。うれしい再会もtwitter上でありました。敷居がない、フラットなSNSだからこその出会いや再会でした。ニュースメディアとしてもtwitterを活用するように。

思うに、mixiやらfacebookは所謂チュートリアル的に使い方というものがあるんですが、twitterの使い方はホントに人それぞれ。だから面白く感じたんでしょうね。これは今年も変わらないと思います。個人的にはこれまでよりももっと気ままに使いたいな、と思ってます。ミュージシャンとして、音楽関係者としてというよりはいち人間としての面を大事に。

SNS:Facebookでより密なコミュニケーションをとった昨年後半

昨年春以降、twitter同様ずっとアカウントを作って放置していたFacebookを本格的に活用し始めました。mixiがほぼ全ての機能をパクッてるあれです。Facebookはどちらかというと音楽関係者としての面が強い使い方をしてます。ファンページというコンテンツに自分の作品やディスコグラフィを載せることでフレンドでない方も自分との接点が持てるので線引きがすごく楽です。

自身のフレンドの方は実際お会いした方もいらっしゃいますが、主に英語圏の方が多く、出来るだけコミュニケーションをとって出来るだけ英語と距離を置かないようにしています。ここ数年仕事で使う主な言語が英語というのもあって日本語みたく自然な表現を出来るだけ身につけたいな、と。

あとFacebookは情報開示の範囲をものすごく細かく設定できるので、例えば連絡先が変わった際のお知らせをその範囲内の方全員に見せることも出来ます。日本のSNSと比べるとある種踏み込んだSNSなので、自分の分身として使うことが出来てものすごく楽ですね。

Device:iPhoneが大活躍

昨年はこれまでになくiPhoneが売れましたね。それはスマートフォンというこれまでマイナーな部類の携帯デバイスが一躍脚光を浴びるきっかけだったのではないでしょうか。自身も一昨年前からこのデバイスを使用していますが、はっきり言ってもう普通のケータイには戻れません。
何がそんなに優れているか。これはネット上にあるデータとの連携がほぼこれひとつで出来てしまうことです。携帯とPCのメール処理、カレンダー、RSSリーダー、ノートはPCとiPhone双方から操作出来ますし、twitter、facebookなどは専用のアプリがアクセシビリティを飛躍的に上げています。何と言っても1タップでアクセスできますから。SkypeなどのVoIPも使えていつでも必要な方と密な連携が出来るのもマル。あと、PCをiPhoneで遠隔操作出来たりもします。まあ何でも出来ます。それはまるで幼い頃にドラえもんで見た光景がそのまま自分の手元にあるような感覚といいましょうか。これまでより一歩も二歩も先の操作ができるので、PCを使う現場では欠かすことは出来ません。

ただ、これは僕自身が感じたことであって、iPhoneユーザー全てが感じることではないでしょう。なぜならこのデバイス…とりわけスマートフォンは自分自身が望む機能を自分自身で追加して活用する能動的なデバイスであるからです。

音楽:前半は立場の変化、後半はアルバム作り

音楽面での昨年は、これまでにない変化が起きた一年でした。制作という大まかな立場は変わらないですが。
前半には、制作は制作でもディレクターとして各国の制作班へ色んなオファーを出しました。誰がどの分野のどの楽器セクションを得意とするのか、この国の祝日がここだから別の国のミュージシャンに頼むなどを始め、これまで経験のしたことのないマネージメントも少しやらせてもらったり。自身でも制作者として活動はずっとしましたが、先の経験は音楽をビジネス-ショービジネス-として考える時にかなり重要な点を幾つも学べた機会でした。

そして後半期には少し時間を頂いて、自分自身の作品を数年ぶりに本腰を入れて制作しました。そして、ようやく以前からいろんな方に提案されていたアルバムというフォーマットで自身の作品集をリリースする運びとなりました。その辺のお話はこちらの記事でもしてますのでどうぞご覧くださいませ。近いうちにiTunes等有名音楽配信サイトにてダウンロードすることが出来るようになりますので、そちらの方もよろしくお願いしますね。
そうそう、twitterで知り合った方々とジャムしたのも昨年でしたね。これもとっても楽しく良い経験でした。また今年もやりたいですね。

今年一年もマイペースに、しかし場面を見極めてきっちり能動的に。

今年がどんな年になるかは自分自身の考え方や行動次第でどうにでも変わるでしょう。何はともあれいろんな状況に一歩先を見据えた判断をしていきたいな、と。

能動的。
昨年ようやく自分の中ではっきりと見え始めたキーワードです。その状況をどう取るかは自分次第。テンプレートはあくまでテンプレートだということを念頭に、色んなことを楽しんでいきたいですね。

恒例となりつつある年末年始の体調崩しw

最初にも触れましたが、只今体調回復に向けてプチ療養してます。自分のブログやtwitterのログを見てると、この時期は前後はあるものの、大体体の調子がおかしいんですよねwある年はノロウイルスにかかってるし。ただ、幸いにも一年のうちでがっつり体壊すのはこの時期くらいなので、厄落としを済ましてると解釈しておきましょう。今年一年も大きな事故や病気なく過ごせますように。

0

Tetsuya Tanaka と申します。記事を気に入って頂けた方は、上にあるいいねボタンを押して頂けると嬉しいです。プロフィール:レコーディングディレクター、作編曲家、トラックメーカーのかたわら、レースシミュレーター・フライトシミュレーターのWeb管理、日英翻訳、ドローン操縦士をやっています。滋賀出身千葉在住。WindowsとStudioOne使い / Spotifyでアルバム配信中です。僕のセレクトしたプレイリストも随時更新中してます。 => Tetsuya Tanaka on Spotify