DayronV / Pixabay

むかーしから違和感を覚えていること。

特に制作で、同じOSや同じ音源を相手方に使って欲しがる人っていらっしゃってね。特に同じOSは多い。同じDAWソフトはまだ分かるけど、なんでOSレベルで同じにしなきゃいけないのよ。「Mac使われてないんですか…はぁ」はぁって何すか。音源についてもあまり意味がわからない。それぞれが違う音源持ってる方が作り方は広がりますよね。1990年代のSC-88Proあたりの縛りがあるでもないのに。

これらのことって本当に意味がない。特に2010年代は。分からないことや躓いた時にお互い助けられるという利点はあれど、それくらいしか良い点はない。

PC環境の使い方や用途は人それぞれだし、全く同じスタンスで制作してる人なんかそうそういない。意外とそういうことに気づいてないのか、見ていないのか…無条件に同環境を求めてくる日本の方、いまだに多いですね。時間が止まっているんでしょうかね。

Tetsuya Tanaka(田中哲也)

当サイトに関するアンケート実施中です(ここをタップ or クリック)。5分ほどで終わりますので、どうぞ宜しくお願いします / 田中哲也(Tetsuya Tanaka)です。レコーディングディレクター、作編曲家、トラックメーカーのかたわら、レースシミュレーターのWeb管理、英語関係や旅行関連のお仕事もやっています。滋賀出身横浜在住。WindowsとStudioOne使い。