“Richard Burns Rally”を買いました。
毎度お馴染みラリーシムです。
ラリーシム掲示板などでは前評判はかなり良かったのですが、
グラフィックがイマイチやなぁ、と思いつつ買ってみて…
驚愕ですがな。
ハマりましたがな。
抜けれませんがな。
まず何に腰抜かしたかって、
本物WRカーに近い(と思われる←乗ったことないしね^^;)セッティング項目の多さ。
サスはダンパー、スプリング、ジオメトリー、ロールバー。
そしてトリプルアクティブデフですよ!これがまた細かいのなんのって。
そしてブレーキの強さ(勿論フロント、リア別々)、空気圧(!)、ギア比。
いや~頭の中がクルクルと買ってから数日間回ってました。
今はどこをどういじったらこうなる、ってのがようやく分かり始めましたが…。
でもって、セッティングの前にラリースクールモードで車に慣れろ!とリチャードさんはおっしゃるわけです。
しかし、コリンマクレーラリーやなんかでラリーシムは慣れとる!とか言ってみて、
いきなりタイムアタックモードにいったなら、車をまっすぐ走らせれない!
うわっ、とか思ってラリースクールで発進から学びました。これもこれで面白いし。
そしてPCゲーなんで、そこらのModで色々改造できるわけですわ。
ペースノートを言葉読みから数字読みに変えたり、ペースノートエディッターがあったり(これにはかなりびっくり)。
そして車のスキンもかなり沢山公開されてるんで、気分によって変えてます。
これがあればGT4いらんかも…でもGT4も欲しいなぁ。

【2016-11-16追記】
12年経ってもプレイしてると思わなかったなぁ。発売元も開発元ももうないけど、有志ユーザーのおかげで今も進化を続けてます。また、Richard Burns RallyのTips中心のサイトも運営してます。
http://game.tsute2.com

Tetsuya Tanaka(田中哲也)

当サイトに関するアンケート実施中です(ここをタップ or クリック)。5分ほどで終わりますので、どうぞ宜しくお願いします / 田中哲也(Tetsuya Tanaka)です。レコーディングディレクター、作編曲家、トラックメーカーのかたわら、レースシミュレーターのWeb管理、英語関係や旅行関連のお仕事もやっています。滋賀出身横浜在住。WindowsとStudioOne使い。